【アニメ】ダンス・ダンス・ダンスール 2022年春クール

1話ずつ僕が感じたことを書いていきます。
制作スタッフなどの項目については、僕が個人的にいつも重視している点だけを載せています。

 スポンサーリンク

 

 

作品紹介

ダンス・ダンス・ダンスール
ダンスール・ノーブル――
それは王子を踊る資格のあるバレエダンサー。
中学二年の村尾潤平は、幼い頃バレエに魅了されるも、父の死をきっかけに「男らしくならねば」とその道を諦めていた。
だがある日、彼の前に転校生の美少女、五代都が現れる。
都にバレエへのあこがれを見抜かれ、誘われた潤平は、都の従兄弟である森流鶯と共に、本格的なバレエダンサーへの道を歩みだし、世界最高峰のダンスール・ノーブルを目指す!
すべてを犠牲にしたものだけが、立つことを許される、美しくも厳しいクラシックバレエの世界。
完全な初心者である潤平の運命は!?
大人気漫画家・ジョージ朝倉、初のテレビアニメ化!
MAPPA(制作)×境宗久(監督)が挑む、バレエダンサー達の熱き青春バレエストーリー!!

 

製作スタッフ紹介

僕がいつも見ているところだけをピックアップして紹介します。

監督
境宗久
ONE PIECEの演出を務められていたお方。
後にシリーズディレクターも務められていた。

 

脚本
成田良美
プリキュアシリーズ4作品と映画8作品の脚本を担当されているお方。
今期だと式守さんやヒロインたるもの!の脚本も担当されている。


キャラクターデザイン
長谷川ひとみ
進撃の巨人シリーズでは作画監督を担当され、キャラデザは今作が初?かな。
他にも君に届けやギルティクラウンの作画監督も務めていらっしゃったお方。

音楽
未知瑠
映画賭ケグルイシリーズの音楽担当されていたお方。
春クールでは5作品もの音楽を担当されている。

 

アニメーション制作
MAPPA
この世界の片隅にや賭ケグルイシリーズ、呪術廻戦、進撃の巨人Final Seasonなどを手掛ける制作会社。
かなり精巧な映像美を誇る制作会社のひとつ。

 

 

声優

村尾潤平:山下大輝
森 流鶯:内山昂輝
五代 都:本渡楓
安田海咲:天﨑滉平
田倉大和:西山宏太朗
生川夏姫:福圓美里
姫乃小路 寿:井之上潤

 

主題歌

オープニング
YUKI
「鳴り響く限り」

 

 

エンディング
ヒトリエ

「風、花」


 

 

【感想】

ここからは僕が見たまでの感想を書き綴っていきます。
途中で視聴を辞める場合ももちろんあるので、すべて書くわけではありません。
話数の横の点数は、僕個人的なお話の点数です。
1話目は3点固定、2話目以降を5点満点で採点していきます!


【第1話】3点

f:id:jinbarion7:20220411131825p:plain
男だから。
最近流行りの多様性の社会が馴染む少し前の感覚。
男でバレエなんておかしいという世界から始まる。
何をしてもバレエをしたときの衝撃を超えられないと感じる主人公は良い感性を持っているんだろう。
男らしさを求めてジークンドーを始め、楽しさを感じるものの、脳裏に走る電撃を感じない。
1話は男だからという主人公の葛藤が上手く演出できていたと思います。
今後バレエダンサーとして、彼がどう成長していくのか、とても楽しみです。
MAPPAということで、映像美は文句なしで綺麗です。


 

 

【第2話】

 

 

 

 

 スポンサーリンク