【アニメ】であいもん 2022年春クール

1話ずつ僕が感じたことを書いていきます。
制作スタッフなどの項目については、僕が個人的にいつも重視している点だけを載せています。

 スポンサーリンク

 

 

作品紹介

であいもん
夢を追って上京するも、父の入院を知らされ実家の和菓子屋・緑松を継ぐことを決めた納野和(いりのなごむ)。
しかし店には跡継ぎ候補で看板娘の少女・雪平一果(ゆきひらいつか)が、納野家に居候をしながら働いていた。
和は一果の親代わりを任せられるも、一度は跡継ぎを断ったことを理由に冷たい態度をとる彼女と働くうちに、ある一面を知ることに・・・。
京都を舞台に心温まる絆の物語。

 

製作スタッフ紹介

僕がいつも見ているところだけをピックアップして紹介します。

監督
追崎史敏(おいさき ふみとし)
あっちこっちで監督されているお方ですね。
他にも絵コンテや演出などで活躍されています。

 

脚本
吉田玲子(よしだ れいこ)
アニメ好きであれば必ず聞いたことあるお方。
ヴァイオレットちゃんの脚本や、ブルーピリオドの脚本など様々な脚本を手掛けられているお方。
京アニの映画作品でも数多く担当されています。

キャラクターデザイン
渋谷秀
あっちこっちの作画監督をされているお方です。
他にも作画監督として活躍されています。

音楽
高田漣
アニメでの音楽担当は初めて?のようですが、界隈ではとても有名な方のようです。
CMソングもいくつか提供されているお方です。

 

アニメーション制作
エンカレッジフィルムズ
監督を務める追崎史敏さんによって設立されたアニメーションスタジオ。

 

声優

納野和:島﨑信長
雪平一果:結木梢
納野平伍:小山力也
納野富紀:大原さやか
巽政:岩崎ひろし
お鶴さん:ゆきのさつき
瀬戸咲季:永塚拓馬
堀河美弦:鈴木みのり
松風佳乃子:髙橋ミナミ
私市緋色:早見沙織
雪平巴:松岡禎丞
雪平真理:坂本真綾
納野一光:及川いぞう
納野倭世:吉田美保

 

主題歌

オープニング
坂本真綾
「菫」

 

 

エンディング
であいもん

「ここにある約束」

 



 

 

【感想】

ここからは僕が見たまでの感想を書き綴っていきます。
途中で視聴を辞める場合ももちろんあるので、すべて書くわけではありません。
話数の横の点数は、僕個人的なお話の点数です。
1話目は3点固定、2話目以降を5点満点で採点していきます!


【第1話】3点

f:id:jinbarion7:20220407145525p:plain

面白いと思います。
親に捨てられた子ども。

和菓子屋の跡継ぎとして育てられた少女と、10年間売れないバンドで遊んでした実子とのハートフルな物語のようですね。
子どもがゆえにリベンジされることが多く、電話注文で団子100個の架空注文を受けてしまう。
子どもに怒られた大人による復讐にしてはほんとみっともない方法を使うものだな。
暗い過去を持っている少女で、気丈に振る舞っているものの、どのようにして牙城が崩れていくのかを見るのも一興かもしれませんね。


 

 

【第2話】

 

 

 

 

 スポンサーリンク