【アニメ】ラブオールプレー 2022年春クール

1話ずつ僕が感じたことを書いていきます。
制作スタッフなどの項目については、僕が個人的にいつも重視している点だけを載せています。
ラブオールプレー

 スポンサーリンク

 

 

作品紹介

ラブオールプレー
主人公の水嶋亮は、中学校に入学し、勢いでバドミントン部に入部する。
きちんとした指導者がいない中学校ではあったが、亮は持ち前の体力で県大会に出場するまでに上達。
そんな亮に名門・横浜湊高校バドミントン部の名将・海老原先生から声が掛かる。
優柔不断で弱気な亮は横浜湊高校に行くことを躊躇するが、横浜湊高校3年で成績トップの姉、里佳が強烈に背中を押すことで進学を決意。
横浜湊高校バドミントン部には、無敵の双子・東山ダブルス、クールでイケメンの上海からの帰国子女・松田、パワフルでムードメーカー・榊など個性豊かな同級生がいた。
さらに1つ先輩にはあの文武両道イケメンエースの遊佐賢人が。
高校で指導者、チームメートに恵まれた亮は、今まで足りなかった経験を積んでいき、インターハイ優勝を目指す!

 

製作スタッフ紹介

僕がいつも見ているところだけをピックアップして紹介します。

監督
竹内浩志(たけうち ひろし)

ちはやふるの絵コンテを担当された方。
他にも有名な作品で絵コンテや演出を担当されています。

 

脚本
金春智子(こんぱる ともこ)

アラレちゃんやうる星やつらなどそうそうたる作品の脚本を担当された方。
最近で言うとさんかく窓の外側は夜やわたもてなどの脚本を担当。
土曜の5時半だから大物をチョイスしたんだろうか。

 

キャラクターデザイン
金田莉子

やくならマグカップもの作画監督を務められたお方。
あのアニメ、半分実写で謎でした。
大抜擢なんじゃないですかね。

音楽
林ゆうき

リーガルハイや緊急取調室、先日までやっていた真犯人フラグの音楽を担当された方。
アニメでもハイキューやバクテンなどのスポーツアニメやシャーマンキングやポケモンなど幅広い音楽を担当されているお方。

 

アニメーション制作
O・L・M
劇場版ポケモンシリーズを手掛けてきたアニメ制作会社。
これだけですごさ分かっちゃうよね。

 

 

声優

水嶋亮:花江夏樹
榊翔平:阿座上洋平
松田航輝:古川慎
東山太一:小野賢章
東山陽次:柿原徹也
内田輝:梶裕貴
水嶋里佳:寿美菜子
海老原仁先生:中井和哉
中野静雄:松風雅也
門田博人:土屋神葉

 

主題歌

オープニング
Hey!Say!JUMP
「春玄鳥」(はるつばめ)

 

 

エンディング
LONGMAN
「ライラ」

 



 

 

【感想】

ここからは僕が見たまでの感想を書き綴っていきます。
途中で視聴を辞める場合ももちろんあるので、すべて書くわけではありません。
話数の横の点数は、僕個人的なお話の点数です。
1話目は3点固定、2話目以降を5点満点で採点していきます!


【第1話】3点

f:id:jinbarion7:20220411104016p:plain導入の回ですね。
同級生との関係性、主人公の立ち位置などが簡単にわかるようになっていました。
弱小中学でやっていたバドミントン。
進路を決めるとなったときに、横浜湊高校の顧問が直接主人公をスカウト。
まあありがちなスポコンアニメの展開ですね。

新しい横浜湊高校との絡みや、残された中学でやっていた同級生2人との関係の深堀もやってくれるかと思います。

 

【第2話】3点

f:id:jinbarion7:20220411104112p:plain

憧れていた選手は非常に厳しい性格の悪そうな先輩でした。
1話で練習生として参加していたメンバーは無事全員横浜湊高校へ進学。
いよいよ部活動が始まるお話でした。
まずは基礎練習とバドミントンのコントロールテスト。
イケメンエース遊佐賢人がまずは4つ設置された目標物へのスマッシュを見事に成功させる。
推薦されてきたメンバーもそれぞれ挑戦するが、なかなか当てられない。
主人公である亮は、最初こそ惜しいスマッシュが続いたが、最後の一射だけ遊佐先輩をイメージし、身体に憑依させ、目標物に的中させた。
一方中学で一緒にバドミントンやっていた二人とは、高校でマッチメイクすることを約束。
ふたりはダブルスであるため、亮はパートナーを探さないといけません。

さて、これからどう展開していくのでしょうか?
イヤーな先輩ってどの部活にもいますよね。
でも実力主義のスポーツ社会ですから、仕方がないってのはアニメの世界でも同じですね。

 

 

【第3話】

 

 

 スポンサーリンク