【FF14】シーズナルクエスト 降神祭2022「寅とお餅と降神祭」

f:id:jinbarion7:20220109112746j:plain

クエスト名:寅とお餅と降神祭

寅奉行からはまだ任務があるようなので、もう一度話しかけてみる。

 

寅奉行
冒険者殿。もしよければ、降神祭の縁起物・・・・・・「降神餅」を配ってみませぬか?
ちょうど先ほど、餅が用意できたところでしてな。荒神楽で武者役を演じた冒険者殿は、福を呼ぶ縁起物配りに、これ以上ない適役でござろう!
では、この降神餅を持っていかれよ。そして、人通りの多い下甲板層の「国際街商通り」で、先んじて餅を配っている餅代官と合流してくだされ!
―寅奉行
その降神餅を、下甲板層の「国際街商通り」で、道行く人々に配ってくだされ!


降神餅を配っている餅代官と国際街商通りで合流する。


餅代官
餅ィ~、餅!食えば健康、商売繁盛!縁起物の降神餅だぁ!
おう、以前世話になったねえちゃんじゃねえか!・・・・・・何、餅配りを手伝ってくれんのかい。そいつぁ助かる!
それじゃあ、人が集まりやすいこの場所を使ってくんな!俺は少し離れたところで配ってくらぁ!

選択肢によって3パターン存在
(どこかで見たような人物が、遠くから歩いてくるようだ・・・・・・。)
海都の店主たちのようだ!

バデロン
このへんで降神餅をもらえると聞いたんだが、まさか、お前が配っているとはな・・・・・・!俺たちにも、もらえるか?

 

リングサス
これだ、これ!俺が総料理長を務めるレストラン「ビスマルク」でも、餅料理を出したいと思うんだが、本場の品は違うな・・・・・・。

 

バデロン
俺たちは、酒呑み同士の腐れ縁なんだが・・・・・・、この前呑んだときに、餅はどう食うのが美味いのかで、喧々囂々(けんけんごうごう)やり合ってな。

 

リングサス
で、ついに決着がつかなかったもんで、降神餅を互いに調理して、白黒つけようって話していたんだ。

 

バデロン
ちなみに俺は・・・・・・、焼いた餅に、東方から仕入れたシラタマ屋の醤油をたらし、海苔で巻いて食べる調理法を推してる。

 

リングサス
ハッ、まったくの素人考えだな。きっちり出汁をとったスープに、具材と一緒に入れて、熱々の椀物にした方が美味いに決まっている。

 

バデロン
ああん?なんだとォ!?

 

リングサス
とまぁ、こんな感じでな。こりゃ今回も決着つかなそうだ。

 

バデロン
ま、俺らは結局、それを肴に酒が呑めりゃいいんだけどよ。

 

リングサス
おいおい、それ言っちゃおしまいだろうが!

 

バデロン
そんなわけで、またな!たまには「溺れた海豚亭」にも顔を出してくれよ!

 

リングサスは雑煮、バデロンは磯辺焼きを推していたようだな。
僕はぜんざいが一番好きなので、1月1日からぜんざいを食してます。

 


(どこかで見たような人物が、遠くから歩いてくるようだ・・・・・・。)
イエロージャケットの警備兵のようだ

スンドヒマル
降神餅を配っているというのは、君かな?ちょうど、警備の休憩中なものでね・・・・・・。ひとつ、もらえるだろうか?

 

ワワラゴ
ぜぇ、はぁ、ぜぇ、はぁ・・・・・・。

 

スンドヒマル
おや、ワワラゴ親分ではありませんか。漁師ギルドのマスターともあろうお方が、そんなに慌てて、どうしたのです?

 

ワワラゴ
じ、実はの・・・・・・漁師ギルドに、置いてあったお餅を、ちょーっと、つまみ食いしたんぢゃが、それ、シシプちゃんのだったみたいでのう。
ものすごい形相で追いかけてきたものだから、どうにか、替わりのお餅を手に入れようと・・・・・・。

 

シシプ
親分~!私のお餅、返しなさーい!

 

ワワラゴ
ひ、ひぃ!まずいぞい・・・・・・!それぢゃ、おしゃべりの続きは、また今度・・・・・・!

 

シシプ
こらー!待ちなさーい!!

 

スンドヒマル
あー・・・・・・君、すまないが、もうひとつ降神餅をもらえるかな?
よほど驚いたのか、親分、餅をもらい忘れて行っちまったからな。あのままではまずかろう?
ケンカの仲裁だって、海都を守るイエロージャケットの立派な役目だ。せいぜい、うまく事をを収めてみせるさ。
ありがとう、では、行ってくるよ。


つまみ食いしたワワラゴがシシプちゃんに追われる寸劇。
それを仲裁するイエロージャケットのスンドヒマルさん。
なんて幸せな世界線なんだろう・・・・・・。

 

 

(どこかで見たような人物が、遠くから歩いてくるようだ・・・・・・。)
白い、ウサギ・・・・・・?

白銀の毛並み輝くウサギ
誰かと思えば・・・・・・お前か。久しいな。
まさか、この「もふもふ」な毛並みを見てわからんのか?・・・・・・お前と知己の「血に飢えた大虎」だ。
ところで、お前は何を配っているのだ?
ほう、降神餅か・・・・・・懐かしい。テンゼンと食したことを、今も覚えている。
あのときは玄武の爺さんが喉を詰まらせ、青龍は焼いた餅を丸呑みして火傷を負い、朱雀はテンゼンテンゼンとやかましく、じつに大変だった。
じつは、「猛虎退治」にちなんだ荒神楽が、東方の陰陽師によって演じられるとの噂も聞いてな。こうして世を忍ぶ仮の姿で、見守りに来たのだ。
いかにも陰陽師で作られた幻影とはいえ、私も題材とした虎が、ヒトに危害を加えてはたまらんのでな。
まあ、内容は史実とかけ離れたものであったが、まさかお前が「テンゼン」役を演じようとは、驚いたぞ。これもまた運命か・・・・・・。
じつのところ、事実との相違に、少しばかりの憤りはあったのだがな・・・・・・。
我々の旅がおとぎ話として語られるのは、黄龍を鎮め、東方に平和がもたらされた何よりの証。そう考えれば、あの演目も悪くはないのかもしれん。
それに、ほかの四聖獣や、何より、黄龍を巡る戦いに参じてくれたお前が、テンゼンの真実をしかと覚えていてくれるのだからな。
・・・・・・ではな、英雄よ。何があろうとも、テンゼンが人々のために戦ったように、お前も、お前自身の旅を続けてくれ・・・・・・また、どこかでな。
ところで、私が来たことは、朱雀と青龍には黙っていてくれ。テンゼンを演じたお前の晴れ姿をひとり占めしたと知られては、どんな恐ろしい目に遭わされるか・・・・・・。

これは四聖獣奇譚をクリアしてる人のみ出る選択肢です。
内容が史実とかけ離れているってのはそれはそれで平和の証拠なんじゃない?
黄龍が暴れて世界が壊れるなんて恐ろしい話をなかなか御伽噺にしにくいもんな。
とはいえこの界隈の獣たちはテンゼンテンゼンうるさいな。


さて、リムサに関するNPCたちの近況も確認できたことだし、寅奉行の元へ戻る。


寅奉行
冒険者殿、戻られたか。降神餅は、振る舞い終えたようでござるな。
此度の降神祭は、冒険者殿のご協力あってのもの。お力添え、重ねて御礼申し上げる。
―寅奉行
これは冒険者殿。此度の「荒神楽」では、まことに世話になった。あらためて、御礼申し上げる。
とはいえ「降神祭」はまだまだ続く。期間中はできる限り演目を執り行うつもりゆえ、よければまだぜひ、力をお貸しくだされ。

これにて2022年降神祭は終わり!

次回はなぜか、1月なのにハロウィン!?
ま、暁月延期したからしょうがないね、延期したからね。

 

 スポンサーリンク